【正月もちレシピ】中国の旧正月の定番。もち粉とナツメと小豆で作るお餅の作り方 あずきは茹で工程不要。コリコリ食感で砂糖を入れなくても甘くておいしい。【スイーツレシピ】もち粉から作る本格餅#スマート中華

食事

年糕(Niángāo)は、「年高」と読みが同じであるため、一年成長したという意味で、縁起物とされます。
ナツメと小豆のもちは中国北方の春節の定番です。
ナツメは日本ではなかなか手に入りにくいです。入れないで、小豆だけでも美味しく食べられます。
ナツメと小豆以外は、黒豆とかレーズンとか、お好きな食材を入れてアレンジして下さい。
餅は通常もち粉から作られますが、地域によって様々なバリエーションがあります。
今度時間があれば、他の作る動画もシェアします。

【材料】
もち粉 300g
乾燥ナツメ 100g
小豆 100g
水 225ml位
油 適量
砂糖 お好み

【ポイント・コツ】
①小豆を茹でずに使うので、水でよく洗ってから、お湯を注ぎ入れて下さい。ナツメも同様です。

②お湯に浸した小豆は一晩(6~10時間)置いて下さい。冬場なら、10~12時間がおすすめです。

③もち粉に70度くらいのお湯を2、3回に分けて入れて、ダマになる程度にお箸で混ぜて、乾燥したもち粉が残らないように、しっとりするまで手で軽く擦り合わせて下さい。

④ゴムベラを使って、生地をしっかり押しながら成形して下さい。

⑤蒸し時間は容器の大きさによって調整して下さい。今回使ったお椀は大きいです。小さいお椀に分けて入れて蒸したら、蒸し時間が短縮できます。

⑥常温に戻す時に、表面が乾燥しないように、油を薄く塗って下さい。

⑦餅を包丁で切る時、粘りが出ますので、包丁に水をつけてから、切ると切りやすいです。冷蔵庫で冷やすと、より切りやすくなります。

Kevin MacLeodのFriday Morningは、CreativeCommonsライセンス「Attribution 4.0 International (CC BY 4.0)」(https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/)でライセンス付与されています。
ソース:https://incompetech.com/music/royalty-free/index.html?isrc=USUAN1100224
アーティスト: http://incompetech.com/

タイトルとURLをコピーしました